記事一覧

ハミルトン【2021 新作】爽やかなホワイトとブルーが印象的な「ジャズマスター オープンハート」

ハミルトンの人気モデル「ジャズマスター オープンハート」に新色が登場。セミスケルトンのダイアルと、爽やかなブルーで統一したデザインは、洗練された腕元を飾る。


腕元をクールに演出
 ハミルトンは「ジャズマスター オープンハート」から爽やかなホワイトとブルーが印象的な新色モデルを発売する。

 ジャズマスターは、ハミルトンが創業した時代にアメリカで誕生した音楽文化「ジャズ」からインスピレーションを得て誕生したコレクション。スーパーコピー機械式であることを静かに主張するセミスケルトンのダイアルや、多彩な服装に合うスタイリッシュなデザインで人気を博する時計だ。ジャズが持つ音楽性のように、革新と現代性を兼ね備えた都会的なイメージを持っている。



ハミルトン「ジャズマスター オープンハート」
自動巻き(Cal.H-10)。25石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約80時間。SS(直径42mm、厚さ10.8mm)。50m防水。レザーストラップ仕様:12万2100円(税込み)。
 光沢感のあるホワイトとシルバーカラーのダイアルに、ブルーのインデックスと3本の針が鮮やかに映え、アラビア数字がカジュアルな印象を持たせている。その間には細かな目盛りを配することで、高い視認性を実現させた。

 セミスケルトンダイアルからは、ハミルトンが独自にカスタマイズを行ったムーブメント「Cal.H-10」が姿を覗かせる。ベースは汎用ムーブメントであるにも関わらずパワーリザーブは約80時間を誇り、高速振動するテンプが動く様子を眺めることができる。

 ベルトは2種類あり、カーフレザーストラップとステンレスブレスレットがラインナップされている。ロレックス スーパーコピー 優良店レザーストラップのモデルは、インデックスや針と同じブルーを採用することで、全体的な統一感を持つ。



ハミルトン「ジャズマスター オープンハート」
自動巻き(Cal.H-10)。25石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約80時間。SS(直径42mm、厚さ10.8mm)。50m防水。ステンレスブレスレット仕様:13万900円(税込み)。
 カジュアルでもスーツスタイルでもお洒落に腕元を飾るジャズマスター。オーデマピゲ 時計 価格多様化するビジネスシーンのスタイルに対応する万能時計だ。

【トケマー厳選】狙い目5桁ロレックス スポーツモデル 4選!

NO.1 サブマリーナ ノンデイト 14060 U番 2行表記

【商品名】サブマリーナノンデイト
【型番】14060
【機械】自動巻き
【素材】ステンレススチール
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】40mm
【防水性】300m
【国内定価】-円
まずは2000年に生産終了となった、サブマリーナ ノンデイトRef.14060のご紹介です。
ノンデイトでサイクロップレンズもついていないので非常にスッキリとした印象のこちらのモデル。
個人的にもデイト付きよりノンデイト派なのでこれはおすすめです。ロレックス レディース画像を見る限り、ケースコンディションも良好で痩せも少ない良個体といえます。
NO.2 エクスプローラーⅠ Ref.14270 T番トリチウム

【商品名】エクスプローラーⅠ
【型番】14270
【機械】自動巻き
【素材】ステンレススチール
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】36mm
【防水性】100
【国内定価】-円
続いては"オールトリチウム"×"5桁"のエクスプローラーⅠ Ref.14270 T番のご紹介です。
近年評価が高まっており、注目を集めている5桁リファレンスのトリチウムモデル。エクスプローラーⅠもジワジワと上がっております。
条件の整った5桁リファレンスはどんどん市場から数を減ってきており、希少性も高まるばかりです。近い将来、Ref.14270も100万円オーバーで出回ってしまうのではないかと思っています。

NO.3 エクスプローラⅡ Ref.16570 黒 M番

【商品名】エクスプローラーⅡ
【型番】16570
【機械】自動巻き
【素材】ステンレススチール
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100
【国内定価】-円
約20年にわたり製造・販売されたロングセラーモデルは伊達じゃないですね。GMT機能もついているうえ、デザインもシンプルで使いやすい一本です。
赤針も良いアクセントになっており、文字盤との相性も抜群です。現行モデルもカッコいいですが、やはり総合的に見ると5桁に惹かれてしまいます。


NO.4 GMTマスターⅡ 16710 N番 コークベゼル

【商品名】GMTマスターⅡ
【型番】16710
【機械】自動巻き
【素材】ステンレススチール
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】-円
高騰中のGMTマスターⅡ Re.16710。セカンドモデルとして1990年に誕生し、生産終了となった2008年まで走り続けたロングセラーモデルですね。
私も以前愛用していたモデル。こんなに上がるならあの時売らなきゃ良かったと後悔しております。

時計界の散財王を目指す編集者が

まずは、「ハミルトンPSR」。1970年5月6日に発表された世界初のデジタル時計、「ハミルトン パルサー」の50周年を記念したモデルである。

ステンレススチール、W40.8×H34.7mm、デジタルクオーツ 9万円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)
1970年といえば、未来の車はチューブの中を走るものと誰もが信じていた時代(と推測している。当時、ぼくはまだ5歳)。そして、未来の時計を形にしたのが、まさにこのハミルトン パルサーだった。今回の「ハミルトンPSR」は、そのハミルトン パルサーのセカンドモデル「P2」(1972年発売)をベースに復刻されている。



パッと見の印象は「P2」のそれにかなり近い。本来「Pulsar」のロゴが刻まれていた箇所は、大人の事情で「HAMILTON」となっているが、選ばれたフォントも雰囲気を損ねるものではなく、非常に格好良し。ケースやブレスに関しては、デザインはオリジナルに忠実な一方で、質感はより向上している印象だ。



そして、何よりのキモである時刻表示部分の完成度が高い。オリジナルのハミルトン パルサーはLEDを使って表示していたため、消費電力の関係からプッシュボタンを押さないことには時刻を確認することができなかった。今回の「PSR」では、液晶ディスプレイと有機EL(OLED)とを組み合わせることで、ボタンを押したときにLEDにかなり近い印象で赤く輝くのに加え(しかも、P2と同様に数字はドットだ!)、液晶によりボタンを押さなくても薄っすらと時刻を知ることができる。

ヴィンテージのハミルトン パルサーはムーブメントがナイーブで修理も難しいため、誰もが日常で気兼ねなく使える存在とは言い難い。その点、ガンガン使える「ハミルトンPSR」は最良の選択になるだろう。

七宝の奥深い美しさが男の色気を飾る“眉目秀麗のエナメルダイヤル”ウォッチ

エナメル技法の歴史は古く、古代エジプトまで遡るといわれる。

透明感ある独特の艶はその永遠の時を腕時計に吹き込むようで、ひと際愛着も増すだろう。


アクティブな男の色気が溢れるドレスウォッチ



世界限定88本。K18WGケース、38mm径、手巻き。338万円/ピアジェ 0120-73-1874
PIAGET
ピアジェ/アルティプラノ
薄型時計のパイオニアとして知られるピアジェは、ハイジュエラーとしても名高い。本作はその両方の魅力を融合。わずか2.1mmという薄さを実現した名作キャリバー「430P」を内蔵し、ケース厚は6.6mmの極薄を誇る。

ダイヤルにはグラン・フー エナメルによるスレートグレーに、幾何学的な円を重ねた大胆なフランケ技法のギョーシェを施す。手首と一体化したようなフィット感が心地良く、躍動感のあるデザインとともに、男の色気が漂う。

究極を追求するブランドの精神を受け継ぐレッド



OMEGA
オメガ/デ・ヴィル トレゾア マスター クロノメーター 125周年記念モデル
オメガの名はムーブメントに由来する。1894年に登場した“19ライン”キャリバーは、高精度に加え、ゼンマイの巻き上げと時間調整がリュウズでできる実用性やメンテナンス性を備え、製造ラインを初めて導入した点でも画期的だった。

その先進性からギリシャ語の最終文字 “オメガ”と名付けられ、やがて1903年にブランド名になったのだ。

そんな試金石の登場125周年を祝し、ブランドカラーのレッドのエナメルダイヤルを採用し、美しさに伝統が息づく。

NEXT PAGE 2/3
アヴェンチュリンエナメルが澄んだ星空を再現する



AUDEMARS PIGUET
オーデマ ピゲ/CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ フライング トゥールビヨン
ブランドを代表する新たなコレクション「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を、アヴェンチュリンのグラン・フー エナメルダイヤルで彩る。

通常のアヴェンチュリンとは異なり、水で溶いたガラスパウダーをアヴェンチュリンパウダーの上に載せ、800℃の高炉で焼成を繰り返す。透明感のある色合いの粒立ちは、ブラックエナメルとのコントラストによってより深みを増す。

星空を思わせる美しさは、惑星の軌道にも由来するトゥールビヨンに相応しい。


【関連記事】​​​​​​​: 各種ブランド腕時計のメンテナンス