記事一覧

いよいよ開幕の東京2020オリンピック。オメガのタイムキーパーは万全の体制


オメガがオリンピックのオフィシャルタイムキーパーを担当するのは、今回で29回目となります。オメガ時計 アンティークこれまで培った約90年の経験が東京2020で存分に発揮されています。

 タイム(記録)の全責任を担うオメガは、全競技をマイクロ秒単位で計測し、また最先端のモーションセンサー技術で、全アスリートのパフォーマンスをより詳細に記録します。空手、スポーツクライミング、サーフィンなど、今回新しく加わったオリンピック競技においても、オメガはその豊富な計時経験を活用します。

 オリンピックで叶えられる数々の夢を記録するために、熟練のタイムキーパー、献身的なボランティア、さらに、多岐に及ぶ膨大なテクノロジー(総重量400tに及ぶ計時機器、350台のスポーツ専用スコアボード、85台のパブリックスコアボード、そして200kmのケーブルや光ファイバー)が必要になります。

 オメガ社 社長兼 CEOのレイナルド・アッシェリマンは、東京2020オリンピックがついに始まることをとても喜んでおり、タイムキーパーたちを「オメガ ブランドの特別な象徴」、計時チームのことを「アンバサダー」とそれぞれ表現しています。さらに「オリンピックの計時を司る彼らは、これまで全てのオリンピック大会においても、準備段階、開催中、開催後と、努力を惜しまず職務を遂行してきました。それはひとえにアスリートたちが正当に評価されること、そしてオメガが卓越したブランドであるという評判を維持・向上させるためです」と述べました。

 これまで同様、オメガが一番大切にしていることは、金メダルを目指すアスリートたちを計時技術でサポートすることです。これは、1932年以来、ほぼすべてのオリンピック大会ごとにオメガが誓い、そして守ってきた約束でもあります。

 2021年7月、オメガが計時を開始する準備は整いました。オメガは、夢を叶えるパフォーマンスの数々を、正式な結果として記録することを誇りに思っています。


【おすすめの関連記事】:http://disliked.top

シチズン(CITIZEN) 腕時計を、しっかり綺麗に見せるつの


「プロマスター MARINE」の2021年新作モデルです。おしゃれなダイバーズウォッチが揃うシリーズの一品で、200m潜水用防水を備えているのが特徴。また、自動巻き腕時計は磁気に弱いモデルが多いですが、本モデルは耐磁1種を備えているため、電子機器が多い場所でも安定して稼働します。

デュアル球面クリスタルガラスとブラックの文字盤を組み合わせた、ヴィンテージ感のあるデザインも魅力。カジュアルすぎないので、スーツに違和感なくマッチします。ビジネスシーンでも個性をさり気なく演出できる自動巻き腕時計です。



光沢のあるホワイトの文字盤に、立体的なバーインデックスをあしらった自動巻き腕時計です。ふっくらとしたボックス型クリスタルガラスの風防が、クラシカルな雰囲気をいっそう引き立てています。

ムーブメントの連続稼働時間は約60時間。5気圧防水仕様なので、雨の日でも気兼ねなく着用できます。また、ケースの裏蓋は自動巻きムーブメントの精巧な動きを鑑賞できるシースルーバック仕様です。

デザインにアクセントを加えるブルーの秒針もおしゃれ。飽きのこない洗練されたデザインで、オン・オフを問わず使える自動巻き腕時計を求めている方におすすめです。

【関連記事】:http://yosiaki.top/

超名門ブランドたちの意外な一手で、時計がもっと好きになる。

クラシカルな佇まいとデザインコンシャスを極めたスタイルの腕時計。その手があったかとニンマリするさすがの発想力に、夢や希望を感じないかい?

CARTIER
カルティエ/サントス ドゥ カルティエ LM
ベルト交換&コマ詰めが手軽な“目ウロコシステム”


SSケース、縦47.5×横39.8mm、自動巻き。74万円/カルティエ 0120-301-757
世界初の紳士の実用的腕時計と謳われる角形の名機が、今年満を持してアップデート。スーパーコピーブランドビス留めされたアイコニックなベゼルがブレスレットとつながる流麗なデザインに。

それに応じる形で、付属のレザーストラップに工具不要で手軽に交換できる「ウブロ スーパーコピー」システムを採用。さらには、工具なしでブレスレットのコマ詰めまでもが可能となった。



デザインコンシャスを極めた結果生まれたユーザーフレンドリー機能。100年超の歴史を持つ名作は、腕時計にファッション性が求められる現代の感性に寄り添い、進化を続けるのだ。


【関連記事】:世界的に有名なラグジュアリー関連製品と情報

「これ、何色!?」ちょっとほかでは見れない絶妙カラーの腕時計

にジュネーブで開催されたSIHH(国際高級時計見本市)。そこで発表された新作の数々から、今シーズンの傾向や注目すべきポイントが見えてきた。

オーシャンズでは、気になったキーワードをもとにオススメの一本を7回にわたって紹介。

今回は、何ともいえない、妙趣な色がひと際目を引く、繊細な仕上げが美しい腕時計を。

街でも映えるニュアンスカラーを纏った大人のダイバーズ
AUDEMARS PIGUET
オーデマ ピゲ/ロイヤル オーク オフショア・ダイバー


SSケース、42mm幅、自動巻き。210万円[予価]/オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
300m防水に加え、回転ベゼルを文字盤外周に内蔵。デザインコンセプトを崩すことなく本格的なダイビング性能を備えた。カルティエ 時計 バロンブルーダイバーズにおいては硬派なブラックや派手なビビッドカラーが大半を占めるが、こんな繊細なベージュは街でもエレガンスを損なわず、ファッションとの親和性も高い。

波の色を思わせる新色ブルーラグーンがミニマルな顔を彩る
H.MOSER & CIE.
H.モーザー/ベンチャー コンセプト ブルーラグーン



K18WGケース、39mm径、手巻き。265万円/イースト・ジャパン 03-3833-9602
価値や品質をブランドロゴに頼ることなく、さらにはインデックスさえも省くことで、文字盤本来の美しさで勝負する。伝統技法のフュメで仕上げられたダイヤルカラーはブルーラグーン。美しいグラデーションは変化する波の色を思わせる。世界限定20本。

酸化銅の結晶をちりばめたネイビーブルーの文字盤は美しい夜空さながら
A.LANGE & SÖHNE
A.ランゲ & ゾーネ/サクソニア・フラッハ


K18WGケース、39mm径、手巻き。236万円[予価]/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080
シンプルな文字盤を人工石のゴールドストーン(紫金石)で覆う。製造の起源は17世紀のヴェネツィアに遡り、深いネイビーブルーを背景に、酸化銅の結晶が夜空の星を連想させる。無限の宇宙を描くドレスウォッチだ。6月以降発売予定。


【関連記事】:最も手頃なレプリカブランドの専門店