記事一覧

レディビート バイ アーミン・シュトローム

アーミン・シュトロームの最新ウォッチは、常に革新を目指すブランドの目標を示しています。ブランドの代表的なムーブメント、ダイヤルとケースを大胆にデザインしたレディビートは、競合力のある価格で革新的な時計づくりを行う新しいシステム78コレクションの記念碑的モデルです。 



ビエンヌのマニュファクチュールで生まれた、この妥協を許さない最新モデルはレディスウォッチで、ブランドのすべてのタイムピースに搭載されているテクニカルで本格的なマニュファクチュールムーブメントを搭載しています。レディビートは多様なデザイン手法を駆使したユニークでフェミニンなウォッチ。アーミン・シュトロームの男性スタッフたちは自らの限界にとどまることがないようブランドの男性的な内部デザインを使わず、フリーランスの女性デザイナーを起用することにより、すべてのレベルで女性らしさを表現することを選びました。

レディビートはオフセンターダイヤルと薄く小さい新ケースを採用しています。レディビートの38ミリというサイズはアーミン・シュトロームでは初めてで、多くの女性が好むサイズです。
ウォッチの正面にはトリプルブリッジが見えます。これはキャリバーALA20のポケットウォッチからのインスピレーションで、その他にもダイヤル上にメカニズムの多くの部品を見ることができます。
このようなコンテンポラリーなサイズは、アーミン・シュトロームのDNAの本質を示すものでもあります。ロイヤルオーク スーパーコピー真に必要なものだけに削ぎ落とすと共に読みやすさを追求し、女性のコレクター、時計愛好家、ユーザーの方々により良い体験をしていただくことを目指しています。

スイスブランド、アーミン・シュトロームの初のレディスウォッチ、レディビート。



レディビートのインスピレーション
当社マニュファクチュールは、本格的メカニズムに興味を持つ女性のお客様の要望にお応えし、このレディビートをお届けします。
技術部長のクロード・グライスラーとオーナーのセルジュ・ミッシェルは、スイスの高級ブランド、アーミン・シュトロームのラインにレディスウォッチを加える時が来たと感じていました。グライスラーは「ふつうのウォッチでは見られないほど多くのメリットがある。メカニズムが見えるという私たちの好きな構造がここでも目を惹く」と語ります。ブランドのスケルトンとオープンワークムー ブメントの歴史の延長上にこのレディビートがあります。

アイデアはグライスラーとミッシェルから出たものでしたが、彼らはレディス向けのウォッチについてよく知る二人の女性デザイナーと提携しました。共同創立者の二人は男性であり、だからこそレディスウォッチについては女性のプロデザイナーの手を借りることが必要だと考えました。一人はレディスウォッチとジュエリーの有名ブランドで商品マネジャーのキャリアがあります。二人の男性は、このように洗練され夢とチャレンジに満ちた女性向けのプロダクトを、男性だけで作ることはできないと思いました。まさに女性による女性のためのウォッチで、間に男性の解釈は入っていません。そしてこの女性たちはアーミン・シュトロームの望みをよく理解していました。チューダー(チュードル)「この女性たちの話を聞くということは、すべての女性客の話を聞くことになる」とグライスラーは言います。



アーミン・シュトロームには、このようなレディスウォッチへの要望がだいぶ前から寄せられていたのですが、チームはどのように進めたら良いのか、能力を超えることになりはしないかと悩んでいました。新しいチームが立ち上げられ、最初に行ったのは形状の検討です。現在好まれているのはやわらかな形状、例えば月を思わせるようなものという方向に絞られました。


【関連記事】:2022年春夏コレクションにも続々と登場しています!

モリッツ・グロスマン、12周年を記念した限定「ベヌー パワーリザーブ」 ステンレススチールケースの2モデルを発表

2008年11月11日、クリスティーネ・フッターはグラスヒュッテ時計産業の偉大な創設者の一人であるモリッツ・グロスマンの名前を冠したブランドを立ち上げました。彼女は130年の時を経て復活した彼の遺産が高く評価されることを確信しています。創立以来、モリッツ・グロスマンは古典的なメカニズムを有する、クラシカルでありながらモダンにも映えるデザインの時計を現代の高い技術をもって製作し続けています。
そして今年、ブランド創立12周年となるモリッツ・グロスマンは2つの特別な限定モデルを発表いたします。
ゴールドケースモデルよりもステンレススチールケースモデルを好む時計愛好家の皆さまへ、新しいベヌー パワーリザーブをご紹介いたします。タグホイヤー カレラモリッツ・グロスマンは新たな創造性、時代を超越するデザイン、そしてスポーティーでありながらエレガントな印象をあたえるこのモデルを発売いたします。ブランド12周年にちなみ、2つのベヌーパワーリザーブはそれぞれ12本限定モデルとなります。



サテン仕上げのステンレススチールケース、「ブルーダイヤルモデル」
サテン仕上げを施したステンレススチールケースのベヌー パワーリザーブは、濃いブルーのダイヤルが特徴です。白色で記されるアラビア数字のインデックスが、ブルーで彩られたシルバー無垢製のダイヤルと鮮やかなコントラストを成します。丁寧にポリッシュ仕上げされた針の曲線が、クラシカルなデザインを強調します。


ステンレススチール製の針にホワイトハイセラム樹脂を充填することにより、ダイヤル上で高い視認性を保ちます。ハイセラム樹脂には紫外線に強い成分を配合しており、ベースとなるステンレススチールにしっかりと固着します。



充填されたハイセラム樹脂はステンレススチール部分と同じ厚みとなるよう手仕上げで丁寧に磨かれ、読みやすさに長けるモリッツ・グロスマン独自の美しい針へと一本ずつ仕上げられています。
パワーリザーブ インジケーターは、ダイヤルカラーに合わせてグレーとホワイトで彩られています。

【関連記事】:2022新作ファッションコーディネートをごゆっくりご覧ください

シチズン 『カンパノラ』の天文ウオッチ「コスモサイン」から、ディズニーアニメーション「ファンタジア」の世界を表現する80本の限定モデルが登場!

ディズニーアニメーション「ファンタジア」の世界を『カンパノラ』で表現
天体の運行を表示するコスモサインから80本の限定モデル


アニメーションとクラシック音楽が融合した傑作、ディズニーアニメーション『ファンタジア』。その公開80周年を記念した限定モデルの登場です。



星空を精密に表現したコスモサインの⽂字板に、ミッキーマウスのシルエットをレイアウト。北緯35 度で眺めることができる全天を表示しており、明るさ4.0 等以上の恒星452 個をはじめアンドロメダ銀河やオリオン大星雲など119 個の星雲・星団を配置。



『カンパノラ』は、2000 年にデビューして以来、腕時計を単に時刻を知るだけのツールではなく、「時を愉しむ、日常を愉しむ、個性を愉しむ」をテーマに掲げ、先端技術や匠の技を活かした独創的なモデルを発表し、高い評価を得てきました。ガラスに遮られたわずかな空間に、無限の宇宙を閉じ込める「宙空の美」をデザインコンセプトに、サークル形状の五徳リングなど、パーツを組み合わせた多重構造を持ち、建築物のように立体的な表情を醸しだすデザインが特長です。


【関連記事】:http://bili31307dmg.wordpress.com

トゥールビヨンの発明者ブレゲ、2021年はトゥールビヨンの年

あらゆる時代を通して時計の最も偉大な複雑機構の一つに数えられるトゥールビヨンは、2021年に220周年を迎えます。比類なく複雑な天才的機構の発明は、一人の人間が挑んだ真の冒険の中心に位置づけられ、今もトゥールビヨンの考案者アブラアン-ルイ・ブレゲと、そのメゾンの名声に多大な貢献を果たしています。


ある時代を映し出す技術的な発明が何世紀にも渡って長く続くことなどめったにありません。一つの発明が別の発明に取って代わり、次から次へと押し寄せる進歩の波にさらわれて、こうした発明が忘れ去られることがよくあるからです。時計スーパーコピーただし、中には例外も…。
アブラアン-ルイ・ブレゲ(1747-1823)によって220年前に開発されたトゥールビヨンは、今ではオート・オルロジュリーの分野で活況を呈していますが、かつてはそれほどではありませんでした。あらゆる時代の最も偉大な複雑機構に数えられるトゥールビヨンは、その守護者たるメゾン・ブレゲのまさに中心で発展を遂げました。しかし、他の多くの時計ブランドも採用しました。ブレゲが1801年に取得した特許は、10年間に対しての特許だったのです。トゥールビヨンはまた、19世紀全般を通じて他の研究者たちに刺激を与えました。その一人、バーネ・ボニクセンは、ブレゲと同じ原理から出発してカルーセルを発明しました。


ブレゲの発明に魅了されるのは、この快挙に至る過程に起因します。タグホイヤー 時計 モナコつまり、トゥールビヨンは単なる機械的な芸術品なのではなく、厳密な物理的研究の帰結であり、人間が挑む冒険、彼だけの力で成し遂げた偉業だからです。6月26日のトゥールビヨン・デイにむけて、この特別な2021年、メゾン・ブレゲはさまざまな行事や新製品を通じて、創業者アブラアン-ルイ・ブレゲの天才とトゥールビヨンの冒険を称えます。6月26日は、革命記念としてフランスに導入されたばかりの共和暦で数えると第9年メシドール7日、すなわち特許を取得した1801年6月26日に当たります。



【高精度の探求】
フランス革命の暴虐から避難するために故郷スイスへの帰還を余儀なくされたブレゲは、2年間をジュネーブやヌーシャテル、次いでルロックルで過ごしました。パリからの撤退は実り豊かな休暇にもなりました。この時期にブレゲは知的な作業に専念したり、ジュネーブやジュラ山脈のヌーシャテル地方の時計師たちと交流する機会を得たからです。スイスでのさまざまな思索は、1795年春のパリ帰還に際して、彼のキャリアに新たな目覚ましい息吹を吹き込みました。

パリに戻ってからの5年で、ブレゲのメゾンは、古くからの国を超えたコスモポリタンの顧客に向けて次々と新しい時計を提供するようになります。触覚で時刻がわかる「モントル・ア・タクト(タクト・ウォッチ)」、置時計が懐中時計の時刻を同調させる「パンデュール・サンパティック(シンパティック・クロック)」、驚くほどミニマムなデザインの「スースクリプション・ウォッチ」、さらに「コンスタント・フォース脱進機」という新型脱進機、「トゥールビヨン・レギュレーター」と呼ばれる新しい装置です。


【関連記事】:人気ブランドのアイテム続々入荷中!