記事一覧

「モンブラン スターレガシー オルビステラルム」を発表

パイオニア・センターセコンド スイスマッドレッド モデルの心臓部で時を刻むのは HMC 200 ムーブメントです。自社で一貫して設計、開発、製造されるこのキャリバーには、系列会社の Precision Engineering AG が製造した調速機構が組み込まれています。スーパーコピーブランド名高いモーザー ダブルストライプで装飾されたブリッジと地板、エングレービングが施された大型ローターを採用したキャリバー HMC 200 は 100% スイス製、100% H. モーザー社製です。パイオニア・センターセコンド スイスマッドレッドは、約 3 日間のパワーリザーブ、12 気圧の防水性能を備え、たとえ水中であれ、どのような困難にも立ち向かうことのできるウォッチです。かけがいのない旅の経験や生涯を共にする相棒となるでしょう。


「モンブランスターレガシーオルビステラルム」は、最も現代的で役に立つコンプリケーションのひとつであるワールドタイム機能を、新しい革新的な方法で解釈しています。
このコンプリケーションの発想の源は地球であり、ラテン語で「地球」、「地面」、「世界」を意味するオルビステラルム(Orbis Terrarum)と名付けられています。2015年に登場したこの独自のコンプリケーションが、さらに洗練されたすっきりした顔貌で、「モンブランスターレガシー」のひとつとして装いも新たに再デビューを果たします。

「モンブランスターレガシーオルビステラルム」は、モンブランのマスタークラフツマンが自社で開発したコンプリケーションを採用し、世界の24タイムゾーンの時間がひと目で読み取ることが出来ると言うユニバーサルなアプローチが特徴となっています。
また、この仕組みは、時計学の歴史とモンブランの時計製造の過去の遺産に想を得たもので、20世紀初頭に登場し、「モントレ・ア・エクリプス」(Montres à eclipses)と呼ばれた時計をヒントにしています。これは、複数のレイヤードディスクを重ねたダイヤルを備えており、機能面においてにも審美性においても斬新なものでした。オルビステラルムのコンプリケーションは、読みやすく、使いやすく、世界のさまざまな場所の時刻を実用的かつ直感的な方法で表示します。
多層構造のダイヤルは、すべての層がムーブメントにより回転します。オメガ時計 メンズ北極から見た大陸図を描いたディスクは大洋の部分がスケルトンになっており、その下に重ねられたデイ&ナイトディスクの色を透かし見せることによって、地球上のどこが昼なのか(もしくは夜なのか)が一目で読み取ることが出来ます。
また、大陸図のディスクの外縁には24の時間帯を代表する都市名が記されており、デイ&ナイトディスク外縁に刻まれた24時間表示の数字を読み取ることで、各都市の現在時刻が一目でわかります。

【関連記事】:1kopiファッションスナップドットコムはファッションニュース提供

オーデマピゲ「エクスカリバー スパイダー ウラカン フロスティ ホワイト」

オーデマピゲの新モデル「エクスカリバー スパイダー ウラカン フロスティ ホワイト」が今秋に登場する。セラミック コンポジット ファイバー(CCF)に身を包んだこのモデルは、目を惹くフロスティホワイトケースが特徴、エクスカリバー ウラカンのレーシングスタイルを進化させた。



オーデマピゲ 偽物 ロイヤルオーク 41mm ブティック限定 15500STOO
型番:15500ST.OO.1220ST.01
機械:自動巻き
材質名:ステンレス
ブレス・ストラップ:ストラップ
タイプ:メンズ
カラー:ブルー
外装特徴:シースルーバック
ケースサイズ:41.0mm
防水性能【公称】:50m
機能:デイト表示
付属品:内箱
外箱
ギャランティー


耐久性の強いセラミックファイバーと樹脂と組み合わせることにより、カーボンより20%軽く、さらに白い大理石のような格式の高い外観を持つ素材を誕生させさせた。オーデマピゲ 時計 メンズ軽量であることにより、着け心地を格段に向上させただけではなく、ホワイトケースやムーブメント内部の美しいデザインを生かして、デザイン性も極限まで高めている。新モデル「エクスカリバー スパイダー ウラカン フロスティ ホワイト」はまさにイノベーションとアドレナリンの結晶ともいえるタイムピースだ。

さらにムーブメントにおいては、ツインバレルと12° に傾斜したバランスホイールは、ランボルギーニ スクアドラ コルセのムーヴメントの特徴を表している。裏面から見ると、このセミスケルトンのムーヴメントは、360°振動するリム・ウェイトを確認できる。このリム・ウェイトは、ウラカンのホイール・リムと同様のスピード効果を再現するとともに、ホイール・リムのデザインをも再現している。

 スーパーカーのレースに使うナットにインスパイアされたリューズ、キャリバー上部のストラットバーをデザインしたブリッジ、すべてランボルギーニ ウラカンのV10 エンジンを彷彿とさせる。謎めいたデイト(日付)表示もこの時計の遊び心の象徴。またバックルとストラップはクイックリリースシステムを採用しており、簡単に交換することができる。88 本の世界限定となった本モデルは、まさに次なる冒険を求める挑戦者のためのタイムピースであろう。

【関連記事】:ファッションブランド品の偽物種類と見分け方

類い希なカラーコンビネーション

1815ラトラパント・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”のハニーゴールドケースの直径は41.2ミリです。そのA.ランゲ&ゾーネのためだけに開発されたケース素材の特徴は、特に高い硬度と温かみのある光沢です。この度、ハニーゴールドを初めてシルバー無垢製のブラックダイヤルと組み合わせ、現代的な魅力を醸し出しています。



格別な複雑機構
この時計は、A.ランゲ&ゾーネのラトラパント・クロノグラフとしては6作目ですが、この複雑機構だけに絞り込んだモデルはこれが初めてです。このメカニズムは、高級時計製作の世界で最も複雑な機能に数えられます。
ダイヤルの中央から伸びる上下に重なったクロノグラフ秒針とラトラパント秒針は、1分までのラップタイムを何度でも測ることができます。
ラトラパント秒針の下にあるクロノグラフ秒針は、ピンクゴールドプレート仕上げのスチール製で、ロディウム仕上げのスチール製ラトラパント秒針と重なって動きます。2時位置のボタンを押すと、この2本の針が同時にスタートします。ラトラパント秒針は、クロノグラフ秒針とは別に一旦停止した後、再びクロノグラフ秒針に追いついて一緒に動くことができます。このプロセスにちなんでフランス語の「追いつく」を意味する動詞rattrapareをもとに、rattrapante(ラトラパント)という名前が付けられました。この機能の操作は、10時位置にあるボタンで行います。計時中にこのボタンを押すと、クロノグラフ秒針は動き続けますがラトラパント秒針が停止するので、ラップタイムを読み取ることができます。もう一度ボタンを押すと、ラトラパント秒針がクロノグラフ秒針に追いついて、再び上下に重なったまま動きます。この手順で、何度でもラップタイムを計ることができます。

新しい自社製キャリバー
複雑なラトラパント・クロノグラフ機構は、新たに開発された手巻きキャリバーL101.2のムーブメント側にあります。タイムおよびラップタイム計測を制御するために、2個のコラムホイールを用いる伝統的かつ高精度な方式を採用しました。サファイアクリスタルのシースルーバックから、ラップタイムを読み取れるようにラトラパント秒針を停止位置に固定するラトラパント・クランプとコラムホイールによる精密な切替えプロセスをつぶさに見ることができます。ゼンマイを完全に巻き上げると、香箱に58時間のパワーリザーブが蓄えられます。ランゲ自社製フリースプラング式ヒゲゼンマイは、同じく自社製のチラネジテンプと連係して、毎時21,600振動(3ヘルツ)で安定した歩度を約束します。


【関連記事】:https://luqix3407.wordpress.com/