記事一覧

オーデマ ピゲ2022新作に ダイヤモンドのきらめく「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」が登場

オーデマ ピゲはCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲコレクションに、2つのトーンオントーンモデルを加えました。41ミリ、18Kホワイトゴールドとピンクゴールドのいずれのバージョンも、1085個のブリリアントカットダイヤモンド(約4.99カラット)をフルパヴェセットしたコレクション初の仕様です。オーデマピゲ 時計 メンズなめらかなジェムセットに包まれたコンテンポラリーなデザインは、CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲの造形を引き立て、繊細でフェミニンな感性を輝かせます。


ダイヤモンドが輝くゴールドダイヤル

18Kホワイトまたはピンクゴールドのダイヤルは612個のブリリアントカットダイヤモンド(約2.3カラット)をセット、ダイヤルセンターから太陽のように輝きが放たれます。ロレックスデイトナスーパーコピー並べた時になめらかに揃い輝きが増すよう、一つ一つのダイヤモンドが注意深く選ばれています。ダイヤルにセットするダイヤモンドは、センターから外側に向かい、小粒から大粒(約0.65ミリから約1.1ミリ)へと、6種類のサイズを使い分けています[註1]。ダブルカーブのサファイアクリスタルの光学的効果により、ダイヤモンドが常に表情を変えてきらめきます。


トーンオントーンのホワイトゴールドモデルにはロジウムカラーのインナーベゼル、ピンクゴールドモデルには優雅なピンクゴールドカラーのインナーベゼルを組み合わせました。繊細なフルセットダイヤルに、デリケートな作業により取り付けたホワイトまたはピンクゴールドのアワーマーカーがさらに洗練されたタッチを添えます。
[註1]セッティングの技法は、メタルの中に細い溝また小穴を開けブリリアントカットダイヤモンドを固定するもの



マルチファセットのジェムセットという構造

この二つのタイムピースは、腕を動かすたびにダイヤモンドがその都度きらめき、生き生きとした魅力をかもし出します。エクストラシンベゼル、スタイリッシュなラグ、8角形のミドルケース、ケースバック、そしてリューズまで、ケース部品は全て473個のブリリアントカットダイヤモンド(約2.69カラット)で優雅にパヴェセットされています。ケースの微妙なフォルムにぴったり合わせるため、ダイヤモンドは数種類のサイズにカットされています。多くの部品をそれぞれのダイヤモンドセットがなめらかに並ぶよう組み立てることは大きなチャレンジでした。

【関連記事】:トレンドアイテムを使ったファッションコーディネートをご紹介