記事一覧

トゥールビヨンの発明者ブレゲ、2021年はトゥールビヨンの年

あらゆる時代を通して時計の最も偉大な複雑機構の一つに数えられるトゥールビヨンは、2021年に220周年を迎えます。比類なく複雑な天才的機構の発明は、一人の人間が挑んだ真の冒険の中心に位置づけられ、今もトゥールビヨンの考案者アブラアン-ルイ・ブレゲと、そのメゾンの名声に多大な貢献を果たしています。


ある時代を映し出す技術的な発明が何世紀にも渡って長く続くことなどめったにありません。一つの発明が別の発明に取って代わり、次から次へと押し寄せる進歩の波にさらわれて、こうした発明が忘れ去られることがよくあるからです。時計スーパーコピーただし、中には例外も…。
アブラアン-ルイ・ブレゲ(1747-1823)によって220年前に開発されたトゥールビヨンは、今ではオート・オルロジュリーの分野で活況を呈していますが、かつてはそれほどではありませんでした。あらゆる時代の最も偉大な複雑機構に数えられるトゥールビヨンは、その守護者たるメゾン・ブレゲのまさに中心で発展を遂げました。しかし、他の多くの時計ブランドも採用しました。ブレゲが1801年に取得した特許は、10年間に対しての特許だったのです。トゥールビヨンはまた、19世紀全般を通じて他の研究者たちに刺激を与えました。その一人、バーネ・ボニクセンは、ブレゲと同じ原理から出発してカルーセルを発明しました。


ブレゲの発明に魅了されるのは、この快挙に至る過程に起因します。タグホイヤー 時計 モナコつまり、トゥールビヨンは単なる機械的な芸術品なのではなく、厳密な物理的研究の帰結であり、人間が挑む冒険、彼だけの力で成し遂げた偉業だからです。6月26日のトゥールビヨン・デイにむけて、この特別な2021年、メゾン・ブレゲはさまざまな行事や新製品を通じて、創業者アブラアン-ルイ・ブレゲの天才とトゥールビヨンの冒険を称えます。6月26日は、革命記念としてフランスに導入されたばかりの共和暦で数えると第9年メシドール7日、すなわち特許を取得した1801年6月26日に当たります。



【高精度の探求】
フランス革命の暴虐から避難するために故郷スイスへの帰還を余儀なくされたブレゲは、2年間をジュネーブやヌーシャテル、次いでルロックルで過ごしました。パリからの撤退は実り豊かな休暇にもなりました。この時期にブレゲは知的な作業に専念したり、ジュネーブやジュラ山脈のヌーシャテル地方の時計師たちと交流する機会を得たからです。スイスでのさまざまな思索は、1795年春のパリ帰還に際して、彼のキャリアに新たな目覚ましい息吹を吹き込みました。

パリに戻ってからの5年で、ブレゲのメゾンは、古くからの国を超えたコスモポリタンの顧客に向けて次々と新しい時計を提供するようになります。触覚で時刻がわかる「モントル・ア・タクト(タクト・ウォッチ)」、置時計が懐中時計の時刻を同調させる「パンデュール・サンパティック(シンパティック・クロック)」、驚くほどミニマムなデザインの「スースクリプション・ウォッチ」、さらに「コンスタント・フォース脱進機」という新型脱進機、「トゥールビヨン・レギュレーター」と呼ばれる新しい装置です。


【関連記事】:人気ブランドのアイテム続々入荷中!

コメント一覧

人気の新作バッグ最新情報 URL 2021年12月09日(木)18時52分 編集・削除

注目のイベントなどといった最新トレンド情報をお届けします。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー