記事一覧

フォルムの美しさと機能性を兼ね備えた腕時計を、オシャレなあの方へ

『エドックス』と聞くと、ウォータースポーツからカースポーツまで、アクティブなシーンとの蜜月が生み出すスポーツウォッチを思い出す人が多いことだろう。ブランド コピー 代引きしかし同ブランドにはドレススタイルにも似合うクラシックな顔立ちの腕時計も数多く揃っている。例えば、長い歴史を誇るスイスの時計製造地を名前に冠したこちら。扇形の小窓からは、同社の技術力をムーブメントという形で目にすることができる。オープンハートの腕時計というと若々しく見えすぎることもあるが、ストラップ含めシックにまとめたこんな1本ならその心配も無い。堂々と、スーツスタイルのアクセントとして使って欲しい。

比較的新鋭ながら、“手の届くラグジュアリー”をコンセプトにトゥールビヨンやパーペチュアルカレンダーなど複雑機構を自社でまかなうまでに成長してきた実力派。デザインはブレゲ針やローマンインデックス、ミニッツトラックを落とし込んだクラシカルなモノが多く、見た目にもわかりやすく高級感を煽る腕時計をコスパ良く提供している。長方形シルエットが印象的な「カレ」もそんなブランドコンセプトに沿うモデルで、センターには美しいギョーシェ掘りが鎮座。身に着け続ける限り止まらない自動巻きなので、デイリーユースにも最適だ。


ムーンウォッチの愛称は、実は『オメガ』の専売特許というワケではない。1971年、アポロ15号による月面着陸ミッション時に、アメリカを代表するブランド『ウブロの新品腕時計』の腕時計が使用されていたのだ。同ブランドの輝かしい歴史を担う1本となった同モデルは、45年の時を経た2016年に「ムーンウォッチ」の名前を冠して登場。『ブローバ』オリジナルの高精度クォーツムーブメントを搭載し、復刻するにいたった。一見オーセンティックな横目クロノグラフウォッチながら、その背景には語るべきトピックが満載。ビズシーンにおける話題作りにも役立つ、実用性の高い1本だ。