記事一覧

モリッツ・グロスマン、 独自の振り子式自動巻き機構を搭載した「ハマティック」に、新たな2つのモデルを発表

独自の振り子式自動巻き機構を搭載した「ハマティック」に、新たな2つのモデルを発表~ダイヤルに古典的なシルバーフリクションコーティングを採用したハマティック・ヴィンテージのバリエーションモデル


モリッツ・グロスマンはハマティック・ヴィンテージのバリエーションモデルとして、ホワイトゴールドケースに加え、新たにローズゴールドケースを採用しました。ダイヤルに用いられるシルバーフリクションコーティングは19世紀にグラスヒュッテで行われていた伝統的な技法です。また、ハマティックの革新的なムーブメントのアイデアも、同じ時代の技術にインスピレーションを得ています。モリッツ・グロスマンにより完璧に設計されたキャリバー106.0は、重りを用いた振り子式の古典的なメカニズムと現代の優れた技術を結び付けました。ハマティック・ヴィンテージ シルバーフリクションダイヤルはモリッツ・グロスマンのクォリティの高さを見事に表現しています。


グラスヒュッテの時計職人は、時計の外観だけではなく精度にも関わる、細やかな仕上げに注力してきました。高級時計に施される仕上げは、ムーブメントの品質の高さも表しています。伝統に倣い、モリッツ・グロスマンでは他の部品に隠れてしまう小さなパーツも丹念に磨き上げ、手作業でのエングレービングを施しています。



シンプルかつ上質なシルバーフリクションダイヤル
モリッツ・グロスマンは高級腕時計の設計から製造までを自社で行う世界的なマニュファクチュールです。ブランド名でもある時計職人モリッツ・グロスマンの知識と技術は、19世紀後半のグラスヒュッテにおける時計産業の発展に貢献しました。
モリッツ・グロスマンのマニュファクチュールは‘Schönstes Deutsches Handwerk’ 「最も美しいドイツの職人技」の理念に基づいた時計製造を続けており、ハマティックはその代表モデルの1つです。クラシカルなダイヤルには、古典的な技法のシルバーフリクションコーティングが施されています。視認性に長ける、ベルベットのようにきめ細かな粒子が輝く見事な仕上がりです。



この伝統的な製法では、銀の細粒と塩を含む粉に少量の水を加え、ブラシで擦りつけることでダイヤルにコーティングを施します。より美しく仕上げるため、事前に文字盤上の汚れを徹底的に落とし、表面を粗めに仕上げる必要があります。シルバーコーティングの前にダイヤルのインデックスやロゴ部分には手彫りのエングレービングが施され、そこにブラックラッカーが充填されます。ラッカーは銀のパウダーをはじくため、シルバーコーティングの影響を受けません。


【関連記事】:http://klar.top

コメント一覧

上品なデザインで URL 2021年11月04日(木)16時58分 編集・削除

ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続ける(セリーヌ)

毎日の着こなし URL 2021年11月06日(土)11時38分 編集・削除

脱力のパジャマスタイルをお行儀よく劇的に一変

厚めソールが今年っぽい! URL 2021年11月06日(土)11時46分 編集・削除

ストリート風のソールや、美脚を叶えてくれるロングなど、新鮮なデザインがラインナップした今季のブーツ。

大人の重厚さも兼備 URL 2021年11月06日(土)15時36分 編集・削除

休日のラクちんアウターとして、幅広い年齢層から支持を得ているジップアップパーカ。プレーンなスウェットシャツやセーターなどと異なり、フードが付くことでスポーティかつ快活なルックスになるところが最大のポイントです。