記事一覧

ジャガー・ルクルト 「レベルソ」~ あるアイコンのストーリー

今年、誕生90周年を迎えたレベルソは、ウォッチ・シーンにおいてもっとも有名なアイコニック・ピースのひとつである。このアニヴァーサリー年にあたって、ブランドがその歴史をまとめた資料を作成しているので、この機会に紹介しておきたい。

レベルソ:1931年から続くタイムレスなストーリー

レベルソは90年前に誕生しました。この90年間で社会や嗜好は変わり、テクノロジーは進化し続けてきました。
しかし、レベルソは変わることなく現代的で、妥協なく、常に自分らしくあるために大胆であり続けています。ブランド時計 コピーここ30年間では、機械式腕時計の製造の復活や芸術的技巧の発展により、誕生時には想像もできなかった可能性を実現しています。稀に見るアールデコデザインの例として、レベルソは真の意味でアイコンとなりました。2021年、ジャガー・ルクルトは、長年愛され続ける稀有なタイムピースにオマージュを捧げます。

あるアイコンのストーリー
レベルソの物語は、ポロの競技中で身に着けても壊れない腕時計を製作するという挑戦とともに始まりました。
1930年、時計ビジネスを通してジャック・ダヴィド・ルクルトとパリの企業であった ジャガーSAの両方を良く知っていた、起業家のセザール・ド・トレーがインドを旅行しました。そこでは、イギリス軍の将校たちがポロの競技を行っていました。
腕時計のガラスとダイヤルを保護する方法を見つけて欲しいと試合中に依頼されたトレーは、反転できるケースのアイデアを思いつきました。彼は、ジャガーのつてを頼ってルクルトにその製作を持ちかけ、フランスの工業デザイナー、ルネ・アルフレッド・ショヴォーがケースのデザインに携わりました。

すぐに成功を収めたレベルソは、アールデコスタイルの真髄を表現するもの、そして現代性を体現するものとして、多種多様な職業のお洒落好きな人たちが身に着けるようになりました。
ケースは、オリジナルのステイブライト製とゴールド製が用意されました。



しかし、第二次世界大戦後に嗜好が変化するにつれ、レベルソへの関心は失われていきました。
最初のクォーツ時計によってスイスの時計産業がかつて経験したことのない大きな危機に陥った1969年には、 レベルソはほとんど忘れ去られていました。
しかし、クォーツ時計が席巻する中、セイコーホールディングスイタリアの ジャガー・ルクルトの販売者であるジョルジオ・コルヴォが残っていた最後の200個のレベルソの ケースを購入、そのケースに機械式ムーブメントを搭載して、製作した200個すべてを1ヵ月以内に売り切りました。

【関連記事】:最優秀潜む水道メーター時計

コメント一覧

Ankopi安値 URL 2021年11月18日(木)15時20分 編集・削除

100%実物写真保証!「品質安心保証」客様に安心してお買い物。安全と安心を大切に、より良い品質を追求します!

cmeqwt658 Eメール URL 2021年11月19日(金)16時04分 編集・削除

2019年ハロウィン仮装衣装&パーティグッズ特集

腕時計 Eメール URL 2021年11月19日(金)18時43分 編集・削除

ファッションに関するトピックをまとめて紹介。